【迷ったらココ】シカゴ・ダウンタウンの名物グルメと気軽に入れる飲食店を一挙紹介!!

海外グルメ
スポンサーリンク

アメリカ第3の都市、シカゴ。

この街は歴史的な建物が立ち並ぶ文化・芸術・スポーツなど様々な文化が混じる街です。

シカゴの「The Bean」の画像
シカゴの象徴として1番有名なのはこちら「The Bean」

僕はこの街に2018年2月から4月の頭まで短期留学を行いホームステイをしていた第2の故郷であります。

この記事ではまず、シカゴが誇る名物グルメである「シカゴピザ」と「シカゴホットドッグ」の美味しいお店を紹介します!!

その巨大さを「Deep Dish」と形容される「シカゴピザ」

「農園を突っ切ってきたよう」と評される具沢山だけどケチャップは絶対に使わないシカゴ独自のスタイルを貫く「シカゴホットドッグ」

この2大グルメを食べずにシカゴから帰るなんてあり得ません!!絶対に足を運んでみてください!!

その後は、この街に大量に存在するアメリカの魂であるファストフード店の中から、僕が実際に行ってみて美味しかったお店、コスパが良かったお店を紹介します!!

日本でもおなじみの店から、シカゴならではのお店など色々ありますので、ぜひ実際に足を運ぶ際の参考にしてみてください!!

スポンサーリンク

これを食わずに帰れない!!「シカゴピザ」と「シカゴホットドッグ」

観光客に大人気!!「Giordano’s」(シカゴピザ)

「THE・有名どころ」と言えばこちらのお店が1番に名前が挙がるでしょう。

「Giordano’s」の提供するシカゴピザがこちら!!

「Giordano's」のシカゴピザの画像
1番シンプルなスタイル。肉とチーズとトマトソースのピザ
「Giordano's」のシカゴピザの断面の画像
中から溢れ出るチーズとトマトソースがたまらない!!

写真でも十分大きさはわかるかと思いますが、シカゴピザは何と言っても「深さ」が異次元です。注文したサイズは「M」サイズですが、僕は3切れでおなかの限界が来てしまいました。

味は本当に美味しいです、ここまでシンプルな具材なのに全く飽きない、永遠に食べられるものなら食べていたいくらいに濃厚なトマトソースの味ととろけるチーズの風味、ごろっとした肉も最高です。

周囲のテーブルを見ても、家族づれだろうが、屈強な男性グループだろうが、みんなピザが運ばれてくると「Wow!!」と歓声が上がります、めちゃくちゃ面白いですあの瞬間。

そして、みんな食べきれずに、ピザの箱に詰めてもらって、まるでピザの配達人のような格好で帰宅するのもまた面白い(笑)

百聞は一見に如かず、絶対食べていただきたい一品です。

所在地:130 E Randolph St, Chicago, IL 60601

※こちらはミレニアムパーク最寄の店舗の住所になります。

地元民が好むDeep Dish発祥の味「Pizzeria UNO」(シカゴピザ)

「Giordano’s」のシカゴピザが観光客ウケする店だとすれば、このお店は伝統に裏打ちされたツウ好みのお店と言えるかもしれません。

シカゴの地元民(Chicagoanと言います)が大好きなのがこの「UNO」で、僕のホストファザーや2軒隣の家のフランクさんはピザの話をすると反射的に「Uno!!」と答えるくらいのお店です(笑)

まるで某世界的カードゲームのようだ…

定説では、このお店が「Deep Dish」すなわちシカゴピザの発祥の店だそうで、歴史あるレシピを使い続けていることもシカゴアンが昔から親しんできた味ということで根強い支持があるのでしょう。

そんな「UNO」のシカゴピザがこちら!!

「UNO」のシカゴピザの画像
ぱっと見はあまり変わらないが?

「Giordano’s」との違い、何か気付くでしょうか?

写真だけでは少しわかりづらいのですが、「UNO」のピザの方が、生地がより深く、まるでパイのような形状になっているのがお分かりでしょうか??

味にももちろん違いはありますが、基本の具材などは変わらない中、この生地部分が2つのお店のピザの大きな違いです。

「Giordano’s」の生地はサクッと軽めの食感で、生地を食べている感じは残りません。イタリアのピザに近い軽い食感だと思ってください。

それに比べて、「UNO」の生地はそれ自体がかなり分厚い、かつパイを超えてまるでスコーンのような食感を覚えるくらいにパサっとした生地自体に主張があります。

ここの好き嫌いが恐らく観光客が集まる「Giordano’s」と地元民が愛する「UNO」との違いなのかなと個人的には分析しました。

好みに合わせたお店を選ぶもよし、食べ比べをするもよし、ぜひシカゴピザを食べてみてくださいね!!

所在地:29 E Ohio St, Chicago, IL 60611

ダウンタウンの名店!!「Max’s Take Out」(シカゴホットドッグ)

絶対にケチャップを使わないことを筆頭に数々の掟がある「シカゴホットドッグ」の名店がこちらのお店です。

「Max’s」の店内画像
壁にはシカゴホットドッグのルールなどが書かれています
『Max's」の調理場の画像
ケチャップもいちよ置いてあるんですけどね(笑)

お店とお店の間の隙間みたいな縦長のスペースに構えたお店。

基本的にみんなテイクアウトなので、店内に座れるスペースも用意されていますが、ほとんど使われてません。

シカゴホットドッグ以外のメニューもありますが、注文されているところを見たことがないので、逆に今度シカゴ行ったら注文してみようと思います(笑)

それだけ、シカゴホットドッグが人気、というかChicagoanの口に合うということなのでしょう。

というわけで実食!!

「Max's」のシカゴホットドッグの画像
独特の具材が並ぶまさに「農園を突っ切ってきたよう」なフォルム

基本的に具材が大きい、そしてケチャップの代わりだと言わんばかりのトマトも面白い。

ケチャップの鋭い味がなくてどうなのか最初は不安でしたが、食べてみると100%ビーフのソーセージの味が濃厚で、マスタードの辛味、ピクルスやレリッシュの酸味と相性抜群で驚きました。

これはみんなハマるわ!と納得。

所在地:20 E Adams St, Chicago, IL 60603

こんなところでも食べれるよ!「Kim and Carlo’s Hotdog Cart」(シカゴホットドッグ)

/figure>

シカゴ観光の目玉の1つである「シェッド水族館」と「フィールド博物館」につながる道にある屋台。

心地よい陽射しの下で、本格的なシカゴホットドッグが食べることができると、観光客の間でも話題のお店なようです。

屋台なのにカードも使えるからありがたい。こういうところ大事です。

「Kim andCarlo's」のシカゴホットドッグの画像
「Max’s」のものと比べるとトマトの切り方が違う。店による微妙な特徴の違いが面白い。

写真で比べるとやはり基本形は変わらないようです。

あとは店によって具材の大きさとか配置、切り方などで特徴や工夫が出てくるらしい。

博物館、水族館の周辺は軽食を食べられる場所が限られているので、ふらっと立ち寄って食べるのに最適なお店かと思います。

観光の合間に、Chicagoanが好む味を楽しんでみてはいかがでしょうか??

所在地:499 E McFetridge Dr, Chicago, IL 60605

名物グルメ以外にもダウンタウンにはファストフードのお店がたくさん!!

日本でもおなじみ!!「SHAKE SHACK」(ハンバーガー)

日本でもすっかりおなじみになってきたハンバーガーチェーンです。

マクドナルドなどと比べてしまうと若干高い部類になりますが、味はやはりワンランク上の美味しさです。

日本では休日になると行列ができている店舗もいまだにあるようですが、シカゴではダウンタウンだけでも3店舗ほどあるので、たいして並びません。

「SHAKE SHACK」のチーズバーガーとレモネードの画像
チーズバーガーとレモネード

個人的にはここのレモネードが大好きなので、良かったら試してみてください!!(ハンバーガーじゃないのかよというのは無しで!)

所在地:12 S Michigan Ave, Chicago, IL 60603 など

※こちらはミレニアムパーク最寄の店舗の住所になります。

 

買い物ついでに!!「LATINCITY FOODHALL」(ハンバーガー、アジアン料理など)

老舗デパートやショッピングセンターが立ち並ぶN Stateストリート沿いに建つ新しいショッピングモールである「BLOCK 37」の3階にあるフードコートです。

BLOCK37。ガラス張りでディズニーストアが1階にあるのですぐわかります。

中にはハンバーガーショップ、イタリアン、中東系(カレーとか)、アジアン系(寿司もあった気がする)、スイーツなど様々なジャンルのお店が入っており、自由に選んで食事ができるお店。

フードコートに入場する際にもらえるICカードで会計を行い、最後フードコートから出るときに一括会計になるシステム。

アメリカではこのスタイルのレストランやフードコートが結構多いです。

フードコート内で使用するICカードの画像
フードコート内ではこのカードが財布代わり

僕はこのフードコートではハンバーガーとチャーハンを食べました。

飲み物はおかわり自由です。ここでもレモネードを飲んでます。笑

ハンバーガーはトッピングやソースを自分で選べるので好き勝手カスタマイズ可能!!

チーズバーガーとレモネードの画像
またまたチーズバーガーとレモネード

パティがめちゃくちゃ美味しかったんですが、アメリカにしてはサイズが少し物足りないです。

というわけで、チャーハンで補填(笑)

チャーハンの画像

向こうでは「Brown Rice」と呼ばれているものがチャーハンです、これは非常に味付けも濃いめで美味しかった、やけに野菜もたっぷりだしgoodです。

他にもいろんなお店があるのでぜひ試してみてください!!

所在地:108 N State St 3rd Floor, Chicago, IL 60602

最強の安定感!!「Corner Bakery Cafe」(サンドイッチ、サラダなど)

このお店もダウンタウンに何店舗もあるお店で、Chicagoanもよく訪れるお店です。

「Corner」という名前の通り、ほとんどの店舗が通りの角に店を構えているので、目につきやすいのも、人気の理由かも?

カフェながら、メニューはかなり豊富でコーヒーやスムージー、サンドイッチなどはもちろんのこと、バーガーなどのガッツリ系のメニューもたくさん準備されているので、かなり使い勝手の良いお店です。

ローストビーフサンドイッチの画像
ローストビーフサンドイッチ!ボリューム満点です。

1番おすすめなのは写真のローストビーフサンドイッチ!!

ボリューム抜群なので、これだけでお腹いっぱいになります。

少し温めてもらうとパンが柔らかくなり、チーズが溶けてより美味しくなりますよ!

所在地:35 E Monroe St, Chicago, IL 60603など

※こちらはミレニアムパーク最寄の店舗の住所になります。

アメリカンフードに飽きたら「PANDA EXPRESS」(中華料理)

もうハンバーガーとコーラの組み合わせは飽きたよ!!」って方にはここがおすすめです。

可愛いパンダが目印の「PANDA EXPRESS」

こちらもダウンタウンに何店舗かあり、中華料理がメインのお店です。

入店すると「Welcome to PANDA!!」と声をかけられるんですが、威勢がいいのと発音がいいのとで、一時期口癖に使っていたくらいにはツボ。ぜひ挨拶だけでも聞きに行ってみよう!

ここはとにかく提供スピードが早いし安いので、お昼時は結構混み合います。客層は結構アジア系の人が多いので、やはり慣れ親しんだ味に近いのでは?

油淋鶏丼の画像
油淋鶏丼と注文するとついてくるフォーチュンクッキー

写真は「Brown Chicken Bowl」みたいな名前のメニュー。平たく言えば、油淋鶏丼です。値段の割に普通に美味しいし、量も多いのと、メニューも豊富なので、通っても飽きないのがおすすめポイントの1つ。

米は多分玄米使ってるのかな?苦手な人は苦手かもしれない。

通っていた語学学校のすぐ近くにあったのでだいぶお世話になりました。

所在地:77 E Adams St, Chicago, IL 60604など

※こちらはミレニアムパーク最寄の店舗の住所になります。

点心が美味しい!!「WOW BAO」(中華料理)

こちらも中華料理のお店、先ほどの「PANDA EXPRESS」は丼や惣菜系が美味しいのですが、この店の売りは餃子などの「点心」です。

角煮丼と点心の画像
角煮丼と点心

角煮丼も味は全く悪くないのですが、めちゃくちゃパクチーかかってたのがトラウマになった記憶しかない(苦笑)

アメリカはアジア系の料理食べると高確率でパクチー入ってるので、苦手な方は

「No coriander(コリアンダー)」「No cilantro(シラントロ)」と伝えましょう。

体感的には、「シアントロ」と言った方が通じました。

「パクチー」と言っても通じないので気をつけましょう。

所在地:200 N Michigan Ave, Chicago, IL 60601など

※こちらはミレニアムパーク最寄の店舗の住所になります。

日本人ならSUSHIを食べよう!「Osaka Sushi & Fresh Fruit Smoothies」(SUSHI)

日本の心「寿司」、これは日本人は絶対食べておきたいですよね?

ただ、ご存知の通りアメリカの和食店や寿司屋は超高級レストランに分類されますから、なかなか手を出せません。

そんな時はこのお店に任せましょう!!

「SUSHIとフルーツスムージー」という謎の組み合わせを売りにしているお店、「Osaka」はどこから来たのか気になるところでありますがそこはあえて触れずに(笑)

「SUSHI LUNCH」の画像
「SUSHI LUNCH」3種類のロールが入ってます。

「SUSHI」はもちろん海苔が内巻きです。

黒いものに対する恐怖心がある国民性って欧米ではよくあることなので、それが理由らしい。

この日のランチセットは「スパイシーツナロール・カリフォルニアロール・フィラデルフィアロール」の3種類。

結構「SUSHI」を馬鹿にする日本人って多いんですけど、これめちゃくちゃ美味しいです!!特にフィラデルフィアロール。サーモンとアボカドとチーズの相性がめちゃくちゃ良くて本当にびっくりします。あとは海外では当たり前に出てくるスパイシーツナもたまらなく美味しい。ハワイのアヒポキ好きな人はわかると思いますが、後引くピリ辛がたまらんのです。

「寿司」としてでなく「SUSHI」として、全く別のものとして食べてみてください!きっと面白い発見があるはずですよ!!

バナナスムージーの画像
バナナスムージー。美味しい。

もう1つの売りの「フルーツスムージー」ももちろん飲みました!

バナナをチョイスしましたが、めちゃくちゃ美味しい、売りにしてるだけあります。

ただ、「SUSHI」には合いません、合うわけがないだろう。

所在地:400 Michigan Avenue, Chicago, IL 60605

イタリアンな気分ならここ!!「Vapiano」(イタリアン)

アメリカンも中華もSUSHIにも飽きてしまって優雅にパスタを巻きたい人はこちらがおすすめです。

「Vapiano」の店内の画像
店内は広々としてスタイリッシュ

このお店はアメリカやカナダにたくさんあるお店なので安定感抜群、入り口でカードをもらうスタイルは2店舗目に紹介した「LATINCITY FOODHALL」と同じです。

「Vapiano」店内で使用するICカードの画像

ただし、チェーン店と侮ることなかれ!!注文してから目の前で作ってくれるので、かなりクオリティが高い料理をいただけます!!

ペンネ・アラビアータとパンの画像
ペンネ・アラビアータ。ピリ辛で美味しい!!残ったソースはパンにつけて食べます。

パスタは食べたいパスタの形もチョイスできるので、好みの形、太さなどを選んでみましょう!!

ドリンクは飲み放題なので、のんびり時間を潰すことも可能です。

夜はバーとしても使えるので、夜遊びついでにもいけますね!

所在地:44 S Wabash Ave, Chicago, IL 60603など

※こちらはミレニアムパーク最寄の店舗の住所になります。

デザートも忘れないで!!「Magnolia Bakery」(ティー・スイーツ・軽食)

アメリカの人気ドラマや映画に登場し、カップケーキでも有名なニューヨークの「マグノリアベーカリー」、シカゴにもあるんですね〜!

こちらのお店は先ほども出てきた「BLOCK37」の中にあります!!

「マグノリアベーカリー」店内の画像
ロケセットのような可愛らしい店内

店内は映画などのイメージそのものの可愛らしい雰囲気、並んでるケーキやお菓子もアメリカっぽい見るからに「カロリー爆弾」のようなもの。

眺めているだけでお腹いっぱいになりそう。

「マグノリアベーカリー」の商品画像
色がやばいもんねだいぶ

この時は、日本の知り合いに紹介していただいたシカゴ在住のおばさまと来たのですが、結構なご高齢なのにバンバン甘いもの食べるのでこっちが心配になっちゃいました(笑)

これがアメリカか!!と改めて痛感させられましたね。

僕は、チョコプディングを堪能、甘くて美味しいけど。最後の方は量が多いのが少々有難迷惑に感じてしまった(笑)

紅茶とチョコレートプディングの画像
ひたすら甘いだけではないので、紅茶と組み合わせると良い感じ。

店内の雰囲気も素敵なので、ぜひ少し小腹をすかせてデザートを楽しんでください!!

所在地:108 N State St, Chicago, IL 60602

今回の記事のまとめ

今回はシカゴの名物グルメとファストフード感覚で食べられるお店を紹介しましたが、いかがだったでしょうか??

いろんなお店があるので、迷う方も多いと思いますが、この記事を参考にシカゴの滞在を楽しんでいただき、シカゴを好きになってもらえたら僕も嬉しく思います!!

その他のシカゴに関する情報は下部のタグ「シカゴ」をクリックしてお探しください!

最後まで、ご覧いただきありがとうございました!!

コメント